2008年01月06日

年明けそうそう・・・

毎年、1月最初の週末には米子室内テニス選手権の高校生以下の部があります。だから、さすがに3日までは体育館も開いてないからやらないけど、4日にはすぐに部活を始めないと試合前の練習ができない。今年は女子が土曜の方だったので5日が試合。問題点を洗い出すために、すべてのペアを解体してだしたが、思った以上にできが悪かった(ーー;)
今年は県のA級に出したい生徒がいるので、ついでに2年生全員を出そうと思って鳥取市での室内大会にもエントリー。ダブルスは6日だったので連日となった。こちらは、1ペアだけ今までの中ではかなりいい内容の試合になったが、結局出した4ペアとも初戦敗退。本番までにはまだ時間があるから、3月までに修正していかねば。

2007年12月22日

思いがけない

今日は部活で思いがけないことがあった。
うちの部活はテスト休み以外土日もほとんど休みなしなのだが、そのため土日ほとんど家におらず、今年は家族で出かけたこともほとんどなかった。まあ、子どもたちも大きくなってきて、それぞれに予定が入るようになったこともあるのだが。
なので、たまにはMamaにもサービスしときたいと思い結婚記念日の23日は部活を休みにした。生徒たちにもそのことを話していたのだが、今日の部活で生徒たちから花をもらった(^^♪
こんなことはもちろん初めて。いい生徒たちです(^^♪

hana.jpg

2007年11月17日

中国大会

10月22日の県予選でなんとか2位になることができ、来年3月の全国選抜の中国予選に出場することができた。結果等については、部活のブログの方に詳細を載せているのでそちらを見てください。

女子テニス部ブログ

onomichi01.jpg
会場は広島県尾道市にあるびんご総合運動公園テニスコート。

P1000013.JPG
宿は尾道の高台にある千光寺山荘という所だった。行きにくい場所ではあるが、たしかに尾道市全体を見渡すことができるし景色は最高だった。

P1000018.JPG
うちは飛びぬけてうまい生徒はいないが層が少し厚いので、それで中国大会もそこそこやりあえたと思う。広島の2位が島根の2位に負けるとは思わなかったし、その島根の2位にほとんど勝てる状態までいけたのはまあまあだったが、できれば勝って翌日まで残りたかった。

P1000019.JPG
米子に戻ってから、バイキングで残念会をした(^^ゞ

2007年06月04日

県総体終了

6月2~4日は布勢のコートで県総体が行われた。
初日の団体戦では、くじ運がよくベスト4にいけそうな場所だったこともあって、順当にベスト4まで勝ち上がった。準決勝は優勝候補の米西。勝てる見込みがあったわけではないが、可能性にかけてシングルス1,2で勝負にいった。シングルス1は予想以上にいい勝負になったが、タイブレーク9-7で負けた。しかし、5-4あたりから何度もマッチポイントを握られながら挽回し、1ポイント決まるのに10~20ラリーを続けるという緊迫した状態の中でしっかりせめていったので、本当にいい試合になった。初日は1年生も含めて全員応援に来させていたが、この1試合が1,2年の今後の練習の取り組みに影響を与えてくれるはず。

個人戦はダブルスが1組惜しい試合を逃してベスト8に入れなかった。対戦相手はまたも米西。
この試合も4-3あたりから緊迫した状態になり、両方が勝負できない状態に。5-5でデュースの連続となったが、最後うちの2年が打てなくなりそのまま7-5で負けた。結果は残念だったが、この経験をこの時期にさせることができたのが一番の収穫。こういった緊迫した状態でも打っていける精神力が育ってくれることを期待したい。

シングルスは組み合わせが一番よかった1人は順当にベスト16に入り中国大会出場となった。団体でがんばった1人が16決めで第4シードと対戦。団体のときの相手の調子なら勝てると踏んだが、途中から本来の調子を取り戻してしまい、結局負けてしまった。3種目ともよくがんばったので、なんとか中国大会に出場させてやりたかったが、残念(^_^;)

転勤して2ヶ月での県総体だったが、振り返ってみると、4月に予想した状態よりはるかにいい形で県総体を終えることができた。たしかに結果はもう1歩だったが、後に何かが残る形で終わったことが一番。これから秋に向けて2年生はがんばってくれるだろう(^_^)

2007年01月06日

室内ダブルス

CIMG3478.jpg
今日は市テニス協会主催のダブルス少年の部。高校生以下の大会。ベスト4くらいまでは行ってほしかったが、結果はいまひとつ。
理由はいろいろあるんだろうが、まあ、しょうがない(^^;)

2007年01月04日

初仕事

今日は仕事始め。
といっても、始業式は9日だから、まだまだ正月気分は抜けない感じだが、部活はしっかり始まる。
6日に一般の大会だが室内でのダブルスがあるので、正月明けと言うより試合前の調整といった雰囲気。しかし、年末・年始をはさんだ余波はあるわけで、生徒達も体が動かない・・・といった感じ(^^;)
ということで、試合形式の練習は最後少し入れるくらいにして、とにかく走らせる。
室内はただでさえ球足が速いのでさらにスピーディーに動く必要がある。まあ、年始め最初の練習としてはちょうどいい感じか。

2006年10月27日

3位

いやいや。すっかり更新を怠っていました(^_^;)

昨日、今日と全国選抜テニス選手権という春にある大会の県予選がありました。
団体形式でシングルス3戦、ダブルス2戦の計5試合で勝敗を決めていく。7人必要なので、2,3人強い選手がいるだけでは勝てない。

昨年はベスト4決めで米東とやって2-2でシングルス3勝負になったけどせった結果負けてしまい、その勝った米東が優勝してしまったのでさらにくやしさ倍増だった。
今年も同じく米東と4決めで当たってしまった。昨年の雪辱をはらそう!って気合いが入っていたし、力からすると勝てる要素が多かったので大丈夫だろうと思っていたら、その通り無事勝ってベスト4入り(^^)/

今日はベスト4の4チームでリーグ戦。上位2チームが中国大会に出場できるのだが、結果は・・・3位。
シングルス2とダブルス勝負にいったが、そのダブルスが勝てなかったのだからしょうがない。
初対戦でぼろぼろにされて、精神的に弱い面が出てしまったのもある。

まあ、3年になっての県総体でではなく、この段階でそれに気づけたというのは収穫だったかも。
この悔しさを持ち続けて冬を越せれば強くなるかも・・・期待しよう(^_^)

2006年09月24日

県新人戦2日目

昨日に引き続きシングルス2回戦以降が行われた。
昨日県大会初勝利を勝ち取ったF君はそのまま快進撃を続け、なんとベスト8。多少のくじ運にはめぐまれたが、でもある程度の強さがないとそこまでは勝てない。すばらしい結果だ。
それに反して、ベスト8までは行くと思っていたM君はベスト16止まり。自分のテニスを見つけていない弱さが出たか・・・
それに、昨日タイブレークの末鳥東の1番手を破ったU君はその勢いでシードを取ってくれるかと思ったら、昨日の相手より弱い相手に簡単に負けた。この不安定さがなかなか解消されない。

今回の結果で来月の団体では第5シードが決定。なんと第4シードは米東となり去年と同じ組み合わせになった。去年は接戦で負けてしまったので、なんとかリベンジしたいが・・・(^_^;)

2006年09月23日

県新人戦第1日

いよいよ県新人戦本番。
ダブルスからで4ペア出場。ベスト8まで行けば来春の県大会でシードとなり、そのままベスト8を保持すれば地区予選免除で県総体に出場となる。その意味ではベスト8に入ることに意味がある。力的にも組み合わせ的にも十分可能性があり、実際4ペアともベスト8決めまで進んだ・・・が、結局ベスト8になったのは1ペア。初戦は負けるはずのない相手に負けかけていて、あまりに頭にきて「期待して組ませたのにがっかりだ」ってダメだししたら、逆に2回戦で予想では勝てそうにない相手に勝ってしまった。
逆に、他のペアは予想では勝てると見ていたが、接戦の上負けた。
これだから、うちの連中は強さがはかれない(^_^;)

ダブルスの後シングルス2回戦の途中まで今日は行った。
シングルス出場の6人のうち5人は残ったが、うちの2番手がタイブレークの末負けてしまった。明日はどこまで行けるか・・・

2006年09月22日

いよいよ新人戦

いよいよ明日新人戦だ。今の2年生は飛び抜けたものがいないが、それぞれがある程度の力を持っている。それがいい方に出ればベスト16入りが増えるのだが、逆に1人も入れないことも考えられる。
まあ、勝ち負けというより、本番にどれだけ普段の力が出せるかだ。
人事を尽くして天命を待つのみ・・・・なんて(^_^;)
ちなみに、1日目は男子高専、女子東山。2日目はその逆の予定。

2006年09月18日

台風が過ぎて

今回の台風は規模が大きかったので影響を心配しましたが、何とか朝には通り過ぎました。
今日予定されていたC級シングルスは風の中実施され、1年生が優勝しました。まあC級だし(^_^)

それでC級のエントリーが少ないので2時過ぎには大会も終わりかけていたので、午後の部活をこっちに変更した。北斗が来ていたのでダブルス、シングルスの練習試合。来週いよいよ県大会なのでちょうどいい練習になったか。

2006年08月17日

地区予選第2日

昨日に続き、西部地区予選2日目。
2回戦の残りから始まった。3人残っていたが全員負けたので、結局県大会には6人となった。昨年は7人だったのでちょっと物足りないかな。
残った6人のうち上位2人は1人が決勝まで行って負けたので2位。もう1人は4決めで3位になった1年生に6-5で負けたので5位決定戦に回り、最後も負けたので結局6位。県大会ではぎりぎり16シードに入れるはず。

まあ、思った通りの結果はそう簡単にはでない(^_^;)

2006年08月16日

地区予選第1日

いよいよ新人戦西部地区予選。初日はダブルスから。
ダブルスはあまり練習はしてないが、それでもそんなに弱くはないと思っていたので、8ペア中最低4ペアは県大会に出場できると思っていたが、そのまま4ペアが出場できた。もう1ペアもおしかったのというか5-2まで行ってたんだから勝てよ!って感じ。
誤算はベスト8決めから同校対決になってしまったが、1番手が2番手に負け、さらにその2番手がベスト4決めで1年生ペアに負けて結局1年生ペアが3位になってしまったこと。強くてそうなったのならいいのだが、現状では2年生の方がだらしないと言わざるを得ない。

ダブルスの後シングルスへ。2回戦を突破すれば県大会に出場できる。
ほぼ2回戦が終わるところまで進んだ。2年生は全員突破できると踏んでいたが、1人が2回戦で負けた。それなりにうまいがときどき練習を休むやつなので、結局体力&精神力でもうひとつだった。この悔しさをバネにしてくれるとうれしいのだが・・・
とりあえず6人は突破した。あと3人が明日2回戦にチャレンジ。うまく全員勝てば9人突破になる。全員で16人なので8人以上は県大会に出てほしい。

2006年08月14日

世の中はお盆だけど・・・

ニュースでは帰省ラッシュとかやってますが、私はというと・・・部活です(^_^;)
いよいよ地区予選があさってと近づいてきたので、今日は西伯コートで最終調整。やはりお盆のため部員全員は参加できないが、割と出てきたかな。

しかし、普通の年だとお盆になってくると涼しくなるものだが、今年はまだ暑い。このままだとあさっての試合のときもかなり暑いままになりそう。勝ち上がると1日5~6試合しないといけないので、体力勝負になるだろうな。

2006年08月10日

練習試合

今日は南谷テニスコートで倉吉東と練習試合。3年生が引退して初めての対戦だし、むこうは1年生がかなりやるので相手校の顧問の先生は今までの練習試合よりも戦績はよくなると踏んでいたようだった。しかし、やってみると24勝9敗。負け越したのは校内ランキング最下位の1年生だけであとは最低1勝1敗だったし、上から順番通りに対戦してみると10番目くらいまでは全勝。今年のうちは昨年より強く見えないのでおどろいただろうけど、教えている私としては現在の感触どおりの結果だった。
とにかく走り負けないことと下半身強化、ステップについてこだわってきたことが少しは表に見えてくるようになってきた感じ。その感じで来週の地区予選で結果を出してくれるといいのだが。

2006年08月08日

1日練習

今日は西伯コートで9時~16時まで1日練習。来週新人戦地区予選があるので、ここまでの練習の総まとめの意味も込めている。
先週から1日も雨が降らず、しかも暑い日が続いていて少々だれ気味だったし、そのことからも1日持つか心配したが、昨日3年が久しぶりに練習に来て「1,2年生は体力がついてきた」と感想を言っていたように、くたばった生徒は1人もでなかった。ある段階はクリアしたように思う。
このような苦しい練習をしてきたことを自信につなげてくれれば、精神的にも成長できるのだが、それこまではまだ高望みか?

しかし、久しぶりにくたびれた(^_^;)

2006年07月16日

クラブ対抗に参加・・・しかし

ここ数年出ていなかった西部地区クラブ対抗戦に今年は参加。もちろん、一番下の部からになるので、同じ部のチームはそんなに強くない。もうすぐ新人戦地区予選だし、いろいろ試したいので2年生と1年生をダブルスで組ませて出してみた。1回戦はそれでも6-0。まあ、そんなものでしょう。
・・・なんて思っていたら、1時間してすごい雨。結局延期になった。

2006年07月08日

国体予選

今日は国体予選。1校4人の枠なので、4人を連れて鳥取まで。
今年は3年でインターハイに出る2人がこれにも出ているので、国体選手になる可能性はほぼ0%だし、ベスト4に入れば新人戦の地区予選が免除になるがこの可能性も限りなく0%に近い。
ということで練習試合に行ったようなものだが、全員2回戦で負けてしまったのでほぼ13時くらいには終了(^_^;)
ということで、14時くらいから倉吉東の選手と練習試合をさせてもらうことにして、結局全員がダブルス2試合、シングルス2試合をこなす。なかなかいい練習になった。

2006年06月24日

中国ジュニア県予選

今日は中国ジュニアの県予選。U18とU16が別会場である。U18が鳥取だったので、選手4人を連れて先週に続いて鳥取に。
2年主体になって最初の大会ではあるが、インターハイに出場する3年が出場していて、シングルス・ダブルスとも1,2回戦で当たってしまったので、ほぼ可能性はなし。1番手がシングルスで唯一ベスト8までいったが、これも予想通り順位決定戦で負けて8位。5位までが中国大会に出場できるので、いくら繰り上げがあっても8位まで降りてくることはないだろう。

それよりも、今回でた2年生が何が課題なのか少しは見えたようだろうから、その収穫があった分行ったかいがあったと思う。

U16はほぼ1年生を出したが、こちらはダブルスがベスト4まで行った。ダブルスは2位までしか中国大会に行けないのでこちらも行くことはないと思うが、いい経験にはなっただろう。

2006年06月17日

中国大会

中国大会本番。県内の他の選手と比べるとくじ運が悪く、シングルス、ダブルスともに岡山勢と当たってしまったので、予想通り1回戦突破はならなかった。まあ、中国大会なので勝ち上がっていくことはなかなか難しいのだが、簡単に終わってしまうのもちょっと残念。

これで、この学年も完全に引退となった。この学年は1年のときから本当によくがんばってきたので、少し寂しい気がする。1,2年がこの学年のいいところを引き継いでくれるといいのだが。

chugoku01.JPG

chugoku02.JPG

2006年06月16日

明日から中国大会

今年の中国大会は鳥取。出場選手がいるので引率として出張するが、実際は大会役員になっているので働かないといけない。大会記録・報道の役になっているが、要はパソコン要員。試合結果を記録し、その日の最後に新聞社や高体連などに結果を連絡する役目なのでそれほど大変ではないかと思っていたが、大会の最中、現在の結果を逐一掲示しなければいけないので、結局休みなく働く必要があることがわかった。まあ、記録自体は大して手間ではないので間違えないよう気をつけるだけ。

今日の夕方に出場校の監督会議があったが、その会場で以前センターにいたときの所長にばったり会って少し話をした。この人は歴代所長の中で唯一の事務畑の人だったが、この人と仕事をしているときが一番おもしろかったように思う。何かを生み出している実感があったし、仕事も充実していた。久しぶりに話ができてうれしかった。

2006年06月05日

県総体終了

県総体3日目。シングルスベスト8からとなる。3番手の相手は第1シード。昨日のような試合ができればまあまあの内容になると思ったが、やはり何度もベストな試合はできないもので、今日はいつもと同じ内容となり一方的に終わった。中国レベルの球は見た目の速さだけではないのだが、最後の大会になってやっとそれに気づいたという感じ。まあ、勝ち上がってみないとわからないこと。
2番手は準々決勝では初日に1番手が負けた相手に圧倒的に勝ち、準決勝は3番手が負けた第1シード。打ち合い自体はほぼ互角ではあるがショットの精度で落ちるのでやはり負けた。まあ、順当といえば順当な結果。

終わった後、コートでミーティングを行い2年生にバトンタッチして3年生は引退。中国大会の出場権を得た3年生4人はあと2週間練習するが、部活そのものは2年生に移行させた。その後の練習では、今までのような勝ち負けを意識する必要のない状態で楽しんで1,2年生に指導していた。こういうのが部活動のいいところかなと思っている。あさっては引退試合として3年生対2年生で団体形式で対決させる。

2006年06月04日

県総体2日目

今日は2日目。ダブルス決勝までとシングルスの途中を行った。ダブルスは春の大会で2,3位になった2ペアが危なげながら準決勝であたった。今まで何度やっても勝てなかった方のペアがここで勝ってしまい決勝に。決勝は6-0で負けたのでインターハイには行けないが、まあ想定通りのところまで勝ち上がったし、団体に引き続きダブルスでも賞状をもらえるのだからよしとしないと。
シングルスは8決めまで行い、昨日1番手は負けてしまったので、2番手がどこまで勝てるかがポイントだと考えていた。そしたら3番手の生徒が勝ってしまうといううれしい誤算。まあ、力はあったのだが、昨年の新人戦も春の大会も1回戦負けだったので、やっと結果をだしたということ。でも今日の8決めの試合は文句ない内容だった。明日は第1シードとだが今日のような試合をして、うち同士で準決勝をやれるといいと思う。
あと1日がんばろう(^^)/

2006年06月03日

う~ん、残念(T_T)

県総体1日目。団体戦だったが、準決勝で負けた。あれだけ練習してきたダブルスだったが、やはり精神面が弱くて主導権を握れないまま、ほぼ何もしないで負けてしまった。最初の1,2球ボレーに出れたかどうかの違いなのだが、それがダブルスでは大きい。それと大誤算だったのがうちの1番手のシングルス1での敗戦。普段大崩れしないだけにまさかの敗戦だった。今まで1,2番手で多くの勝利を取ってきたのでこの敗戦は攻めれない。
結局その準決勝でうちに勝った米東が優勝した。決勝の鳥西戦は私が思い描いていた展開どおりで勝ったのでよけいに悔しい。結局勝たせてやれなくて生徒に申し訳ない気持ちでいっぱいだ(T_T)

soutai.JPG

2006年06月02日

いよいよ県総体

明日からいよいよ県総体。1日目が団体戦。
調子がくずれなければ、十分優勝できる見込みは持っているが勝負はやってみないとわからないので油断はできない。大切なのは自分の力を出し切るための精神力。少しは成長していればいいけど。

2006年05月28日

最後の土日終了

今日は午前中松江南と練習試合。2面しかとれなかったので、団体メンバーのみにして団体戦形式でガチンコ勝負してみた。相手は島根県でNo2になって今年も優勝をねらっている学校なので力を試すにはちょうどいい相手。結局ダブルスはタイブレークで負けたがシングルスが2勝だったので、勝負的には勝った。ただ、そのダブルスが勝てるようになることを目標にやってきたので、やはり本番に不安を残した。まあ、泣いても笑ってもあと5日だからやれるだけやるのみ。

2006年05月27日

1週間前

いよいよ来週は県総体。この土日は最終調整ということで、今日は午後から鳥東との練習試合。明日は午前に松江南と練習試合を組んでいる。今日は昼前から雨が降り出し1時頃は結構降っていたが、せっかく来てもらっているということで雨の中始めたら、3時過ぎにはほぼやんで結局予定通り5時まで。今日は大会にでるほぼ全員に試合をさせることができたし、若干の負けはあったが、最終調整としてはまあまあだった。県総体のこともあるが、2年生に経験をつませるという意味でもいい時間を過ごせていると思う。

2006年05月21日

部活モード復活

19日に中間考査も終わり、部活モード復活。2週間後にはインターハイにつながる1年で一番重要な大会である県総体がある。3年生はインターハイの切符を取るか、シングルスベスト16、ダブルスベスト8に入って6月中旬にある中国大会の切符を獲得しない限り最後の大会となる。そのため、特に3年生は「あと2週間で大丈夫か?」という不安感を持つようになるのだが、そういった不安と戦いながら練習していくのもひとつの経験としては重要だと思う。
19日は試験後、午後から東山コートを取って練習。20日は鳥東と練習試合を計画していたが、前の日からの猛烈な雨で学校のコートがひさしぶりに海状態になり中止。ただ、朝にはやんでいたので東山コートで予定されていた社会人の大会が予定通り実施。それによって来週予備日として押さえられていたのが開放になったので、すかさず午後4面押さえて練習試合をそこに延期。その日学校でできなかった練習も、大会後ナイター時間までの間1時間半くらい空きコートがあったので、予約して夕方練習。今日は、倉東と午後から三朝のコートで練習試合。大会前だとこういったコートや練習試合のやりくりがなかなか大変なのだが、県内でもある程度強くなって相手からも練習試合をしたいと思ってもらえるようになってきたので、お願いもしやすい。
この3日で生徒の調子もやっと考査前の状態に戻ってきたので、後はここ2週間でどれだけ満足した練習にしてやるかだ。練習内容というより精神的に満足したものになるかが重要なので、その辺に神経を使うが、それも部活を指導していての楽しみのひとつでもある。

2006年05月06日

山陰選手権の結果

昨日、今日と鳥取県と島根県のベスト16同士で行う山陰選手権が行われた。
昨日のシングルスでは、男子は2人とも2回戦敗退。まあ、一方は島根のNo3だし、昨年までのことを思えば1回戦ははじめから勝つ計算ができるほど強くなったのだからよしとするか。女子は1人ベスト4までいった。
今日のダブルスは、春季大会のときと同様第2ペアがベスト4、第1ペアが決勝まで進んで島根のNo1に負けて2位となった。決勝はダブルフォルト連発でふがいない試合だったのが問題。
女子はペスト8どまりだった。

2006年05月04日

連休だけど・・・

今日は連休2日目。うちの子ども達も上2人が中学生なので毎日部活。私も部活なので結局休みという感じではないし、特段どこに行くわけでもない(^_^;)
県総体まであと1ヶ月だし、生徒もほとんど休まず練習に出てくるので練習にも熱が入ってどうしても長くなってしまう。天気もいいし、絶好の部活日和という感じ。上位2人は明日鳥取・島根の上位16人が出場する山陰選手権に参加する。昨年だと1回戦勝てればという感じだったが、この2人だとベスト4まで行ってもいいかなという感じなのでがんばってほしい。ちなみに男女とも東山コートで、明日がシングルス、あさってがダブルスになる。

2006年05月02日

県総体抽選会

今日は午後から本校で県総体の抽選会があった。
団体戦ははじめから第3シードだったし、第8シードまでにめぼしい学校は入っていたので、特に心配することはなかった。
問題は個人戦。シングルスにしてもダブルスにしても上位2人(2ペア)が決勝まで当たらないようにくじを引きたかったのだが、やはり私のくじ運は悪いのでどちらも準決勝、準々決勝であたるようになってしまった(>_<)
引いてしまったものは仕方ない。団体、シングルス、ダブルスの3種目すべてでインターハイに行けるよう、これから1ヶ月がんばっていかないと。練習メニューにも頭を悩ませる(^_^;)

2006年04月30日

団体戦メンバー決め

明日、県総体の抽選会があり、それまでに団体戦のメンバーを提出する必要がある。団体戦はダブルス1組、シングルス2人の3試合で競うので、試合に必要な4人に補欠1人の5人だけが登録可能となる。うちはシングルスで勝てる生徒が2人いるので準決勝まではそれで勝ちあがれる予定だが、決勝だけはシングルスの一方しか取れない可能性が高い。そのため、ダブルスで勝てるペアが1組必要なのだが、先日の春季大会で2,3位に入ったダブルスはシングルスの2人がそれぞれペアに入っているので、これ以外のペアが必要。それも踏まえたペアを作ろうと思ったが、やはり生徒たちにとっては自分より実力があるかどうかが気になるところなので、対象の生徒で試合をさせて決めることにした。
現時点では4番目から6番目までが実力的に均衡しているので、なかなか難しい試合になると思ったが、やはり最近勝てるようになってきた生徒が今まで4番手だった生徒を破った。もちろん何回かやると結果も違ってくるかもしれないが、これも勝負の世界。負けを糧にして自分のレベルアップにつなげてほしい。

2006年04月21日

地区予選2日目

昨日の続きでシングルスの各ブロックの決勝。8人勝ちあがってブロック決勝に勝ったのは7人。この7人プラスシード2人の9人が県総体シングルスに出場できる。
150人弱いて31人出場できるので、確率20%。うちは部員15人だから普通にいくと3人出場できるので確率的には他の学校よりかなりいい。「全員出場」を目標にしてきたが、実力てきには3人ほどまだまだのがいるのでそれを除いた10人が勝ちあがってくれればと思っていたが、くじ運が悪かったのが3人。うち1人は勝ちかけていてそこから負けた。くじ運に左右されないほどの強さが本当はほしいんだけど、まだまだ練習が足りないということで。
また、上位2人が精神的にぼろぼろな試合をしたのも許せないところ。テニスは精神面が50%以上でるので、そこを鍛えていかないと本当の強さは身につかない。
県総体まであと1ヶ月半。めざせ団体でのインターハイ出場でがんばっていこう!

2006年04月20日

地区予選1日目

今日は県総体の西部地区予選。まずダブルスから。今年は県総体のダブルスの枠を増やしたので、3ペアに1ペアは出場できる。うちは、7ペアあるが2ペアは先週の県大会で2,3位になったので県総体ではシードで地区予選免除。残り5ペアが出場したが、4ペアが出場権を獲得した。あと1ペアもくじ運が悪くて難しい場所に入ってしまっていたが、ただ実力的には勝ってもよかった。
ダブルスは2時くらいまでに決定したので、その後シングルスの予選に。シングルスは5人に1人の割合となるので、2~3勝しないと出場権を得ることはできない。うちは15人いるが2人はダブルスと同様シードで免除。なんとか2回戦までを今日のうちに消化できたが、明日のブロック決勝に残ったのは13人中10人。負けた3人のうち2人はこれもくじ運が悪く、他のブロックなら確実にブロック決勝にいっている。地区予選は戦績でシードを決めることができないのでドローを作るときくじになってしまい、どうしても強い者どうしがつぶしあう状況が起こりやすい。高校の部活動では、指導できる教員が顧問になるとは限らず、今の西部地区の男子ではうちともう1、2校くらいしかまともな練習をしていない。したがって、人数だけはたくさん出てるけど実際実力はぜんぜんという学校もある。かたや実力のある学校どうしのつぶしあいになるが、かたやへぼいどうしでブロック決勝までいってしまう。これがやるせない(>_<)

ところで、今日はすごい風&寒さだった。普通に立っていると手がかじかむぐらいで冬に戻ったようだった。しかも、夕方頃からは雨になるし(^_^;)

2006年04月16日

春季大会

tennis-spring.jpg
昨日、今日と春季大会で引率。上にはつながらないが、県総体個人戦のシードが決まる大会でもあるし、シングルスベスト16以上に入ると、どこまで勝ち上がったかによってポイントがつき、そのポイントの合計で県総体団体戦のシードも決まる。その意味では、非常に重要な大会。
この冬、胸をはれる位他の学校より練習してきたと思うし、それだけの実力もついてきたと思うが、実際生徒は勝たないとどれだけ強くなったかは実感できない。なんとか、今回の大会で結果がでれば・・・と思っていた。
そしたら、ダブルスは2位と3位、シングルスは3位とベスト8と非常にがんばった(^^♪しかも、優勝こそできなかったが、ダブルス決勝は5-7ともう一息だったし、シングルスにしても優勝した第2シードともう一息で勝てるという試合をした。その意味では、かなり満足できる内容だった。ここで優勝でもしてしまうと、逆にマークもきつくなるし生徒にも満足感が出てしまうので、あと少しというくらいがちょうどよかった。
団体にしても第3シードとなり、優勝候補の第1シードの学校とは決勝まであたらない。あとは、団体で勝てるための作戦を考えないと。
これで、団体、シングルス、ダブルスの3種目ともインターハイの目が出てきた。ここから1ヶ月半、どうレベルアップさせるかが重要。

2006年03月30日

尾道へ2・・・だけど、また雪(^_^;)

0330yuki.jpg昨日の予選はたぶん本戦まで行ける生徒はいないだろうと思っていたので、昼前には全員負けて尾道ラーメン食べて昼過ぎにはそうそうに戻ったが、うちには中国ランキング上位20人に入る生徒が1人いるため、今日・明日と本戦に出場。そのため、今日も朝5時30分に出発して尾道に向かった。
しかし・・・今日も雪。しかも峠はまたも20cmくらい積もっていたし、昨日は夜だけ降って朝にはやんでいたが、今日は降り続いたままで昼間も降り続いていた。
1人連れて行くだけだったので今日は自分の車、しかもすでにノーマルに代えていたので峠は越えれない。ということで、鉄道を沿って県境を越えるルートがあるのでそちらを通ることに。写真はその県境付近での帰りの様子。本当に、あと2日で4月とは思えない状態。

2006年03月29日

尾道へ・・・しかし雪(^_^;)

0329coate.jpg今日はU18中国ジュニアスプリング大会の予選のため、朝5:30出発で尾道へ。中国Jrランキング上位20人は本戦にストレートで、それ以外の各県16人ずつとU16、U14の上位4人が予選をし、8人が本戦に進める。尾道のびぜん運動公園はオムニコート16面(うち4面は天井あり)で、まあまあの施設。もちろん本戦に進めるとは思っていないが、こういうのも練習と思い希望をだしてみたら、思ったより参加希望者が少なく県ベスト16でなくても出場できてしまい、うちからは男子7人、女子7人が出場となった。結果は・・・結局1回戦を勝てたのは女子1人だけという散々な結果。まあ、これも経験のうちということで(^_^;)
0329yuki.jpg朝8時から練習コートだったため、5時30分に出発して向かったが、なんとこの時期なのに昨日から雪が降って峠は20cmくらい雪が積もっていた。今回レンタカーを借りたので、レンタカーにスタッドレスを履かせてもらっていたから超えることはできたが、大変でした(^_^;)
さらに着いてみると、晴れてはいたが寒い寒い(^_^;)

2006年03月28日

顧問会

今日は年に1回のテニス顧問会。通常の年は1時間程度で済むが、今日は2時間以上かかった。原因はいくつかあるが、ひとつは専門委員長だったT先生の異動により伝達する内容が多かったこと。もうひとつは、今年から県総体の個人戦ダブルスも地区予選をするという提案に対してなかなか決まらなかったため。
中国大会が5月にあった頃は4月の県大会でシングルスベスト16、ダブルスベスト8の者が出場していて、6月の県総体ではインターハイに出れるシングルス2名、ダブルス1組を決めるだけだったので、3年生の最後の大会ということで1校3ペア出場できた。
しかし、中国大会が6月中旬に移動したことで、県総体のシングルスベスト16、ダブルスベスト8が中国大会に出場できるようになると、8決めの試合があまりにふさわしくないレベルになってしまうこともあり、また、学校によっては団体に出場するメンバーとダブルスに出場するメンバーをわざわざ代えてたくさんの生徒を出そうとするケースもあり、県大会としてのレベルが・・・という問題により、ダブルスも地区予選をしようという提案になった。
多少もめたが、一応原案どおり。うちとしては、下手に学校枠を作られるより地区予選で決めてもらった方がより多くの生徒が県大会に出場できる可能性があるので、いい方向。他の学校より明らかに強いのに学校枠の関係で出場機会も得ることができない・・・という思いをすることもあったわけだから、機会を得ることができるようになっただけでも生徒にやる気も出てくるというもの。もちろん、勝たないと出れないのだけど(^_^;)

2006年03月26日

一般の大会

今日は部員全員が一般の大会に参加。今日はシングルスで来週がダブルス。
2人強いのがいるのだが、その2人は順調に勝ちあがった。問題はこの2人の次にくる2人。この2人が来月の県大会で16シードを取れるかどうかが、いろんな意味で影響してくるのだが昨年からの課題がまだまだ解決できていない。練習ではそれなりに強いのだが、考えるテニスができなかったり精神的に弱かったりするから今日のようなテニスになる。メンタル面を鍛えるのはなかなか難しい(^_^;)