2007年12月23日

結婚記念日その3

なんとか食べれる状態になったので、今日のもうひとつのメインである夕食へ。
賀露にある海陽亭というお店に行きました。ここはいけすがあってその日に取れた魚とかが泳いでいて、その新鮮な魚をその場で調理してくれます。
この時期だとメインはかになんだけど、やはり冬は「いか」。
白いかを活けづくりしてくれるので、それを2人で頼みました。

P1000034.JPG
この時期はいけすには白いかばっかりです。このように店内のいけすを泳いでいます。
注文すると、このいけすから網で1ぴき(いかは「いっぱい、にはい、・・・」ですね)捕まえて行きます。

P1000030.JPG
P1000031.JPG
そして、このように調理されて出てきます。上には刺身になった身がのっていますが、下の足とかの部分はまだ生きていて食べている最中も動きます。目はあわせないように(^^♪

P1000032.JPG
上の刺身の部分を食べ終わるとこんな状態。これでもまだ動いています。
ここまで食べたら店員さんがさげてくれますがまだ終わりではありません。残りの部分を塩焼きかてんぷらにして再度持ってきてくれます。

P1000033.JPG
これがてんぷらにされた状態。冷凍にしたいかではなくて、生のいかをてんぷらにしているので、非常においしい。これは都会ではぜったい食べれません。

行きたくなった方のために注意点をひとつ。
この「白いかの活け造り」は値段がありません。というのは、「100g2100円」としか書いてないのですが、通常白いかは300g以上ありますので、それを踏まえ注文してください。
つまり網で捕まえてみないといくらになるかわからないということです。
今回私たちが食べた分は、帰りに伝票を見て400gちょっとあったようでした(^^ゞ

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form
comment form