2007年06月04日

県総体終了

6月2~4日は布勢のコートで県総体が行われた。
初日の団体戦では、くじ運がよくベスト4にいけそうな場所だったこともあって、順当にベスト4まで勝ち上がった。準決勝は優勝候補の米西。勝てる見込みがあったわけではないが、可能性にかけてシングルス1,2で勝負にいった。シングルス1は予想以上にいい勝負になったが、タイブレーク9-7で負けた。しかし、5-4あたりから何度もマッチポイントを握られながら挽回し、1ポイント決まるのに10~20ラリーを続けるという緊迫した状態の中でしっかりせめていったので、本当にいい試合になった。初日は1年生も含めて全員応援に来させていたが、この1試合が1,2年の今後の練習の取り組みに影響を与えてくれるはず。

個人戦はダブルスが1組惜しい試合を逃してベスト8に入れなかった。対戦相手はまたも米西。
この試合も4-3あたりから緊迫した状態になり、両方が勝負できない状態に。5-5でデュースの連続となったが、最後うちの2年が打てなくなりそのまま7-5で負けた。結果は残念だったが、この経験をこの時期にさせることができたのが一番の収穫。こういった緊迫した状態でも打っていける精神力が育ってくれることを期待したい。

シングルスは組み合わせが一番よかった1人は順当にベスト16に入り中国大会出場となった。団体でがんばった1人が16決めで第4シードと対戦。団体のときの相手の調子なら勝てると踏んだが、途中から本来の調子を取り戻してしまい、結局負けてしまった。3種目ともよくがんばったので、なんとか中国大会に出場させてやりたかったが、残念(^_^;)

転勤して2ヶ月での県総体だったが、振り返ってみると、4月に予想した状態よりはるかにいい形で県総体を終えることができた。たしかに結果はもう1歩だったが、後に何かが残る形で終わったことが一番。これから秋に向けて2年生はがんばってくれるだろう(^_^)

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form
comment form