2006年06月05日

県総体終了

県総体3日目。シングルスベスト8からとなる。3番手の相手は第1シード。昨日のような試合ができればまあまあの内容になると思ったが、やはり何度もベストな試合はできないもので、今日はいつもと同じ内容となり一方的に終わった。中国レベルの球は見た目の速さだけではないのだが、最後の大会になってやっとそれに気づいたという感じ。まあ、勝ち上がってみないとわからないこと。
2番手は準々決勝では初日に1番手が負けた相手に圧倒的に勝ち、準決勝は3番手が負けた第1シード。打ち合い自体はほぼ互角ではあるがショットの精度で落ちるのでやはり負けた。まあ、順当といえば順当な結果。

終わった後、コートでミーティングを行い2年生にバトンタッチして3年生は引退。中国大会の出場権を得た3年生4人はあと2週間練習するが、部活そのものは2年生に移行させた。その後の練習では、今までのような勝ち負けを意識する必要のない状態で楽しんで1,2年生に指導していた。こういうのが部活動のいいところかなと思っている。あさっては引退試合として3年生対2年生で団体形式で対決させる。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form
comment form