2006年06月29日

やっとできた(^_^;)

やっと月曜の2年情報のテストができた!本当に自転車操業状態(^_^;)
終わったらまたアップします。

月曜には理系数学のテストもあるが、こちらは早めに作っていたので微調整だけ。数学は問作は楽なんだけど、採点に時間がかかるんだよね。そろそろ今日終わった数学の採点にかかるか・・・

期末考査

今日から期末考査。1日目に1年の情報があった。今年から1年次2単位になったので、ある程度進度があって1時間分テストを作るのに、昨年までみたいに「何だそう~?」という感じはなくなった。
終わったからアップしても大丈夫だと思うので、添付しておきますから、見た方はご意見をいただけると助かります。
1年情報問題

出す内容はいろいろ工夫できるんだけど、授業ですべてを教えることはできないので、教えた内容からだけだそうとすると、結構工夫が必要になります。昨年から実教出版の問題集を持たせるようにしたので、これから出すよって範囲指定すると生徒も勉強しやすいのだけど、問題だけやると周辺知識が理解できないので本当に理解していることになりにくい。その意味では、問題集に付属の解答を作るときに本当に答えだけにするのではなく、周辺知識を解説として載せてくれるとうれしい。実教さん、よろしく(^^)/

月曜に2年があるが、こっちはなかなか問作が大変。また、報告します。

2006年06月24日

中国ジュニア県予選

今日は中国ジュニアの県予選。U18とU16が別会場である。U18が鳥取だったので、選手4人を連れて先週に続いて鳥取に。
2年主体になって最初の大会ではあるが、インターハイに出場する3年が出場していて、シングルス・ダブルスとも1,2回戦で当たってしまったので、ほぼ可能性はなし。1番手がシングルスで唯一ベスト8までいったが、これも予想通り順位決定戦で負けて8位。5位までが中国大会に出場できるので、いくら繰り上げがあっても8位まで降りてくることはないだろう。

それよりも、今回でた2年生が何が課題なのか少しは見えたようだろうから、その収穫があった分行ったかいがあったと思う。

U16はほぼ1年生を出したが、こちらはダブルスがベスト4まで行った。ダブルスは2位までしか中国大会に行けないのでこちらも行くことはないと思うが、いい経験にはなっただろう。

2006年06月21日

腸感冒(^_^;)

中国大会から戻った次の日、どうも体調が悪いなあと思っていたんだけど、次の日熱もないのにどうにも体がだるくてしかも食べる気がぜんぜんしないので病院に行ってみたら腸感冒だった。病院に行った段階では抗体反応がまだ出ていないと言われたが、その通りで病院に行った後からさらにつらくなってきたので、結局今日は1日休み。う~ん(T_T)

2006年06月17日

中国大会

中国大会本番。県内の他の選手と比べるとくじ運が悪く、シングルス、ダブルスともに岡山勢と当たってしまったので、予想通り1回戦突破はならなかった。まあ、中国大会なので勝ち上がっていくことはなかなか難しいのだが、簡単に終わってしまうのもちょっと残念。

これで、この学年も完全に引退となった。この学年は1年のときから本当によくがんばってきたので、少し寂しい気がする。1,2年がこの学年のいいところを引き継いでくれるといいのだが。

chugoku01.JPG

chugoku02.JPG

2006年06月16日

明日から中国大会

今年の中国大会は鳥取。出場選手がいるので引率として出張するが、実際は大会役員になっているので働かないといけない。大会記録・報道の役になっているが、要はパソコン要員。試合結果を記録し、その日の最後に新聞社や高体連などに結果を連絡する役目なのでそれほど大変ではないかと思っていたが、大会の最中、現在の結果を逐一掲示しなければいけないので、結局休みなく働く必要があることがわかった。まあ、記録自体は大して手間ではないので間違えないよう気をつけるだけ。

今日の夕方に出場校の監督会議があったが、その会場で以前センターにいたときの所長にばったり会って少し話をした。この人は歴代所長の中で唯一の事務畑の人だったが、この人と仕事をしているときが一番おもしろかったように思う。何かを生み出している実感があったし、仕事も充実していた。久しぶりに話ができてうれしかった。

2006年06月11日

暑い・・・

totoro-goza.JPG
昨日、今日といい天気です。先週末梅雨に入ったということですが、今日は特に夏って感じですね。
やっとこさ電気カーペットをしまい、先日Mamaが衝動買いしてきたトトロのゴザを敷いてみました。
またひとつトトログッズが部屋に増えました(^_^;)

2006年06月09日

教育実習終了

今日で教育実習も終了。昨日研究授業したところと同じ内容を別のクラスでやって見せた。参考になるかどうかはわからないが、バックグラウンドになる知識がないと授業で説明することは難しいということがわかった様子。情報の教員は日々努力するしかないでしょう。
でも、今年の教育実習生はまともだったので指導しやすくて助かりました。手間もそれほどかからなかったし。他の教科をもっていないということで今年の鳥取県の採用試験は受験できないが、公民がとれるようなので、来年がんばってほしい。

2006年06月08日

研究授業

今日は教育実習生の研究授業の日。「指導案は当日の朝印刷すればいいから」と言ったが、それが早めに来て印刷して準備しておくという意味にはとれなかったみたいで、1時間目が始まってから原稿を印刷し始めて、ちょっと指導(^_^;)
授業の方は、先週2回させたかいもあってかなり落ち着いてやれていた。事前に同じ内容をやってみせるということをあえてしなかったのだが、メールの演習は最初に「メールを送ってみよう」ってやってみると、最近の生徒はすぐに2通、3通とメールを送り始めてしまうので、わりと収集がつかない状態になりやすい。そこできちんとこっちを向かせて説明を聞かせたりノートにまとめさせたりしないと、メールを打たせるという演習をしながら同時にPOPやSMTPの説明などできない。ここが演習型授業の難しいところでそこを実感させたい目的もあってこの題材を研究授業に選んだ。やはり、その切り替えができていなかったので説明を聞いていない生徒が割といた。ただ、まじめなクラスなのでプリントを配布して書き込めというと、とたんに静かになる。本当におもしろいというか、まじめだなぁとしみじみ思う。
総体期間もあり十分に授業をさせてあげることができなかったが、情報の授業を計画するポイントはだいぶ話せたように思う。昨年の教育実習生よりまじめだったしよくがんばったと思う。
明日は先週失敗したクラスを自分でフォローするようにしているのと、研究授業でやった内容を私が別のクラスでやってみせることになっている。お手本にならなかったりして・・・(^_^;)

2006年06月05日

県総体終了

県総体3日目。シングルスベスト8からとなる。3番手の相手は第1シード。昨日のような試合ができればまあまあの内容になると思ったが、やはり何度もベストな試合はできないもので、今日はいつもと同じ内容となり一方的に終わった。中国レベルの球は見た目の速さだけではないのだが、最後の大会になってやっとそれに気づいたという感じ。まあ、勝ち上がってみないとわからないこと。
2番手は準々決勝では初日に1番手が負けた相手に圧倒的に勝ち、準決勝は3番手が負けた第1シード。打ち合い自体はほぼ互角ではあるがショットの精度で落ちるのでやはり負けた。まあ、順当といえば順当な結果。

終わった後、コートでミーティングを行い2年生にバトンタッチして3年生は引退。中国大会の出場権を得た3年生4人はあと2週間練習するが、部活そのものは2年生に移行させた。その後の練習では、今までのような勝ち負けを意識する必要のない状態で楽しんで1,2年生に指導していた。こういうのが部活動のいいところかなと思っている。あさっては引退試合として3年生対2年生で団体形式で対決させる。

2006年06月04日

県総体2日目

今日は2日目。ダブルス決勝までとシングルスの途中を行った。ダブルスは春の大会で2,3位になった2ペアが危なげながら準決勝であたった。今まで何度やっても勝てなかった方のペアがここで勝ってしまい決勝に。決勝は6-0で負けたのでインターハイには行けないが、まあ想定通りのところまで勝ち上がったし、団体に引き続きダブルスでも賞状をもらえるのだからよしとしないと。
シングルスは8決めまで行い、昨日1番手は負けてしまったので、2番手がどこまで勝てるかがポイントだと考えていた。そしたら3番手の生徒が勝ってしまうといううれしい誤算。まあ、力はあったのだが、昨年の新人戦も春の大会も1回戦負けだったので、やっと結果をだしたということ。でも今日の8決めの試合は文句ない内容だった。明日は第1シードとだが今日のような試合をして、うち同士で準決勝をやれるといいと思う。
あと1日がんばろう(^^)/

2006年06月03日

う~ん、残念(T_T)

県総体1日目。団体戦だったが、準決勝で負けた。あれだけ練習してきたダブルスだったが、やはり精神面が弱くて主導権を握れないまま、ほぼ何もしないで負けてしまった。最初の1,2球ボレーに出れたかどうかの違いなのだが、それがダブルスでは大きい。それと大誤算だったのがうちの1番手のシングルス1での敗戦。普段大崩れしないだけにまさかの敗戦だった。今まで1,2番手で多くの勝利を取ってきたのでこの敗戦は攻めれない。
結局その準決勝でうちに勝った米東が優勝した。決勝の鳥西戦は私が思い描いていた展開どおりで勝ったのでよけいに悔しい。結局勝たせてやれなくて生徒に申し訳ない気持ちでいっぱいだ(T_T)

soutai.JPG

2006年06月02日

いよいよ県総体

明日からいよいよ県総体。1日目が団体戦。
調子がくずれなければ、十分優勝できる見込みは持っているが勝負はやってみないとわからないので油断はできない。大切なのは自分の力を出し切るための精神力。少しは成長していればいいけど。

指導案作成

昨日教育実習生に授業をさせてみて、このまま次の授業が研究授業ではあんまりだと判断して今日も昨日と同じ内容を別のクラスでさせることにした。昨日は予定の半分しか進まなかったので、おそらく今日は進度に気をつけて授業をするのでは・・・と思ったらやはりそうで、ほぼ生徒の反応を無視した感じの授業になった。おもしろいもので、授業を急ごうとすると、簡単に答えられそうな質問だけ生徒に聞いて、本当は考えさせたい質問は聞くけどすぐ自分で答えを言ってしまう。まあ、こういった経験も教員になるためには重要だろう。
明日から総体3日間でそのあと代休2日。教育実習も残り2日なので、代休明け木曜が研究授業。日程上のこともあり、研究授業は電子メールの1時間目を事前に私が授業をせずに自分のイメージだけで授業計画させてみている。6限に指導案を見たが、まだまだ(^_^;)どうしても、先にすべてを話しておいてそれを受けて演習をしようとしてしまうが、私にすれば先に話している時間が無駄。演習で実感できる事柄は演習してからまとめるべき。ということで、部活が終わるまでに修正させ7時から再度検討。でも、まだまだ(^_^;)結局、総体3日間でもう少し練って月曜か代休中に再度見ることに。いい授業をさせようとは思わないけど、自分なりに考えて計画した授業が実際どの程度実行できるのか感じさせてやりたいと思う。

2006年06月01日

最近の検索エンジン

今年、検索エンジンを教えるための教材研究をしていて、テキスト通りYahooとGoogleで「メディアリテラシー」と「メディアリテラシーとは」で検索して検索件数を比較してみると、Googleでは当然前者の方が多くなるのだが、Yahooでは後者の方が多いという結果になった。それでいろいろ調べてみたのだが、どうやらYahooでは名詞で検索すると従来のカテゴリー検索用のデータベースを使い、名詞でない言葉で検索するとロボットで収集したデータベースから全文検索しているように思える。いろんなサイトでYahooは「ハイブリッド型」と分類されていた。要するに従来のディレクトリ型とロボット型の両方を使い分けている検索サイトということ。もちろん最近になってのことなので、教科書等にハイブリット型という名称は載っていないが、件数の違いを説明するのに必要なのであえて説明した。
やはり情報の授業では、日々授業研究が重要ということで(^_^;)

ついでに、調べている際におもしろいサイトをみつけた。小学生とかに説明するにはいいサイトではないかと思う。
YOMIURIインターネットてらこや

教育実習生の初授業

今日は教育実習生に授業をさせてみた。Web検索の授業で、検索エンジンの特徴をまとめる部分。生徒の方の操作としては、YahooとGoogleとで同じキーワードで検索してみて、検索結果の数の違いから検索方法が異なることを感じさせるだけで、あとは説明になるので座学的な授業となる。前日同じ授業を私がやってみせたのだが、座学になると1時間は持たないので、説明用のビデオから特徴を読み取らせて手元の資料に書き込ませたり、後半は問題集をするなど工夫した。それと同じ授業をしようとしたが、もちろん初めての授業なのであがっていてペース配分はできず、前半の説明だけで1時間は終わってしまった。それでも生徒の方はSHRにでてもらっているクラスなので実習生に好意的で、がんばって授業を受けていた(^_^;)
まあ、初めての授業なんて失敗して当たり前。前日にも実習生には言ったが、うまくやろうとしなくていいので、自分が授業の中で伝えたいことをひとつでもふたつでも伝えようと工夫すればいい。
来週が研究授業で、電子メールの実習を通して電子メールの特徴と携帯メールとの違いを考えさせるという部分になるが、事前に私が同じところをやってみせることができないので、だいじょうぶかなぁと少々不安(^_^;)