2006年03月22日

ひさしぶり

午後からNTTコミュニケーションズ、NTT西日本、マイクロソフトが来校。今回導入するシステムの打ち合わせと、マイクロソフトはActiveDirectory(以後AD)を本校でどう利用しているかや今後の活用方法などのヒアリングに来られた。久しぶりにシステムの話や学校における情報化の現状や問題点などいろいろ話をした。昔からマイクロソフトの商品の将来構想の考え方に共感する部分があったので、いろんな本が出る前に手をつけて大変な思いをしてきたが、2003ServerでのADやグループポリシーでの管理やSharepointPortalServiceのWebパーツという考え方は今の学校に使いやすいものだと思っている。そのことを多くの学校に知ってもらえるといいのだが、いかんせんこういった情報はなかなか学校現場に伝わらない・・・なんてことを話していると、2年前までの仕事を思い出す。
つくづくこういう世界には水があうのかなぁと思ってしまう・・・でも教員として生徒に関わっていることも捨てがたい(^_^;)

trackbacks

trackbackURL:

comments

2003サーバーが入りました。業者も設定に四苦八苦していて、「むずかしいですかぁ?」って聞いたら「難しいです」ってあっさり返事が返ってきました。
これをどう使いこなすのか、これからが大きな課題です。

  • hiron
  • 2006年03月23日 22:29

昨日の話でも「ADが普及しない一番の理由は、販売店レベルに技術力がないから」と言っておきました(^_^;)
今設定しているなら、必ずSharepointPortalServiceを入れておいて、マイクロソフトのサイトから「SchoolCommunicationKit」をダウンロードしてみてください。結構面白いですよ。

  • PaPa
  • 2006年03月23日 22:40

情報ありがとうございます!情報共有とセキュリティをどうするか考えどころだと思っていたので、使えそうな気がします。主任さんに相談してみます。(^。^)

  • hiron
  • 2006年03月23日 22:51
comment form
comment form