2006年02月27日

情報の定期考査

今日は学年末考査3日目で1年の情報の試験があった。通常は全問マークシートだが、今回だけは3学期HTMLをしてきたので、半分マークで半分はHTMLを書かせる試験だった。できは・・・(^_^;)
やはり、打たせてみるだけでなく実際問題をやって自分でどのタグを使うか考えさせないと頭に残らないのだが、それをしようとすると時間がかかりすぎる。今の情報2単位の中ではなかなか難しい。もう少し全体の時間配分を見直さないと。
HTML(つまりタグ)自体を教える必要があるかという問題ももちろんある。私は、インターネットだけでなくネットワーク上での文書共有には、SGMLからスタートした文書のマーキングという概念とスタイルシートの概念が非常に重要だと思っているので、これを教えないと基本原理に触れていることにならないと考えている。だからHTMLを教えることにこだわっている。実際、Word文書もこの原理にのっとっていることをどれだけの人が知っているだろうか?だからWordのツールバーに「見出し」とかがあるのだが。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form
comment form