2006年02月27日

車(続報)

車を売ってしまって1日目。さすがに次の車を決めないと落ち着かないので、知り合いの車屋さんに相談しながら、サイトで中古車を検索。松江にいい物件があることを見つけたので、夕方松江まで。ホンダストリームの3年ものだが2万5千しか走ってないし、シートが少し汚れているだけで(売るときはきれいにするということ)外観は問題ないし、まあまあの物件だったので、一応今週いっぱい押さえて他にいいのが出てこなければこれにしようと思っている。

情報の定期考査

今日は学年末考査3日目で1年の情報の試験があった。通常は全問マークシートだが、今回だけは3学期HTMLをしてきたので、半分マークで半分はHTMLを書かせる試験だった。できは・・・(^_^;)
やはり、打たせてみるだけでなく実際問題をやって自分でどのタグを使うか考えさせないと頭に残らないのだが、それをしようとすると時間がかかりすぎる。今の情報2単位の中ではなかなか難しい。もう少し全体の時間配分を見直さないと。
HTML(つまりタグ)自体を教える必要があるかという問題ももちろんある。私は、インターネットだけでなくネットワーク上での文書共有には、SGMLからスタートした文書のマーキングという概念とスタイルシートの概念が非常に重要だと思っているので、これを教えないと基本原理に触れていることにならないと考えている。だからHTMLを教えることにこだわっている。実際、Word文書もこの原理にのっとっていることをどれだけの人が知っているだろうか?だからWordのツールバーに「見出し」とかがあるのだが。

2006年02月26日

激動(?)の1日

今日は、あさってが卒業式なので朝から髪を切りに行った。ここまではよかったが、その後学校に物を取りに行ったら、なんと職員玄関のガラスが破られていた。すぐに事務長に連絡し、警察が来て現場検証。おそらく土曜の夜中にやられたようす。本校でもこんなことがあるんだな~と思いながら、事情聴取に簡単に答えて家に戻る。
その後買い物に行ったり通常の日曜日だったのだが、この後、もうひとつの騒動が起こる。実は今の車(アルファード)があまりに燃費が悪いので、購入後3年で売りに出したらいくらになるんだろうと、あの有名なガ○○○さんに見積もりに来てもらった。見積もりをしていくうちに、実は中古車の小売のオークションが28日にあるので、今日売ってもらえば通常よりプラス25万になるけどと言われ、金額を出すだけのつもりだったので、さすがに「どうしよう(^_^;)」と思ったが・・・結局、売ってしまった。明日朝一番で陸送するということで、あっという間のおさらば(^_^;)あっけなかった。結局トヨタ車には縁がないということか。
ホンダ党の私としては、アコードワゴンかストリームにしようかな~と考えていたが、すでに車がなくなってしまったので、早くいい物件を見つけよう(^_^)v

2006年02月24日

進学説明会

今日は午後から長女の中学校に行き、進学説明会に参加した。だいたい、高校の教員のくせに高校入試の話を聞きに行く必要があるのか!って感じですが、単に中学校の先生が自分の学校をどう説明するんだろう・・・という興味本位です。中学校の先生ごめんなさい(^_^;)
さすがにもうすぐ中3という時期には、内申点の話とか計算方法など入念に説明していました。それより気になったのは、最初の方で高校を選択する際に「本人の意思が大切」を強調したこと。どうも「親はここに行けって言ってる」という生徒が増えている模様。そうだろうな~と実感(^_^;)
うちは「行く必要なかったら高校に行かなくていい。そのわかり中学校卒業したら親の義務は終わるから家から追い出すぞ。」って言ってあるので、まあ少しはまじめに考えるのだろう。進研ゼミもまじめにやるようになったし・・・(^^♪

2006年02月23日

そろそろインフルエンザ?

昨日から一番上の娘が「のどが痛い」と今日は学校帰りに病院へ、一番下の息子も若干熱っぽいと。今年は風邪をひかないな~と思っていたが、こんな時期に来たか(^_^;)

年度末反省

今日から学年末考査。担当している2年理系の数学は明日だけど、早々と問題はできあがっていたので余裕(^^♪月曜に1年の情報があるので、こっちが大変。何とか今日中にマーク部分の50問を作る。あとは記述でタグを答えさせる部分を作るだけ。明日がんばろう。
午後からは、年度末反省の職員会議。来年度から各県立学校は外部評価を受けることができるよう、学校目標などを公開していく必要があるので、単なる反省ではなく来年度の目標をにらんだものだった。うちの学校は何を狙うんだろうね。私は東部の2番手、3番手進学校を経験して、特に最初の学校では1年次から週2回の放課後講習、長期休業中の講習、勉強合宿、大学視察の研修旅行など体験してきたので、進学校と呼ばれるところはこういうものだと思っていたから、今の学校に来て何か10数年前にタイムトリップしたような「まだこんな感じなの?」っていう印象を持った。もちろん、のんびり学校生活や部活動を楽しむのも高校生活としては楽しいけど、それは進学校の目標???
楽しく過ごして最後には学力もついて目標の進学先に行けるのならいいのだけど、あんまりこうはならないんだよね。本校はどっちに行くのがいいのか?外部公開していくというとこは、ここをはっきりしていかないといけないと思うのだけど・・・なんて思っていると、職員会議でしゃべっているのが自分だけになってしまい「またやっちまった(^_^;)」

2006年02月19日

スキー

daisen-ski.jpg
今日は、小6の息子を連れて大山にスキーに行った。毎月1回小学生のリフト券が半額になる日があってそれが今日だったし、この冬はまだ1回も行ってなかったので今日に。
朝6時過ぎに家を出て、スキー場には7時過ぎ到着。スキー板だけレンタルして(土日は1日1500円)スキー場に上がったときには、まだ7時20分くらいでひとすべりしてから朝日が上ってきた。朝いちだったので人はものすごく少なく「今日は少ないのかな?」なんて思っていたけど、9時に休憩に降りたころからどんどん増えてきた。スキー教室とかしてるし、ボーダーがリフトの降りたあたりに座ってたむろしてるから邪魔だし(ーー;)
私はリフトを午前券(3800円)で買ったので、12:30まですべった。ほぼ5時間。さすがに最後にはひざが笑ってしまって・・・疲れた(^_^;)
まあ、たまにしかいかないから疲れるほどすべっておいた方がいいかな。
daisen-ski-kota.jpgうちの子は学校でのスキー教室を入れて今回で4回目。なんとかついてはくるけど、ボーゲンから進歩が見られないので、後半は途中途中で止まりながら指導。ちょっとはましになったかな?

ちなみに、知らない人のために、上の写真は上の原スキー場(休憩所でとなりの女性が「かみのはら」って何度も言ってたけど、「うえのはら」です)の中級リフトで上ったところから見た米子方面の写真。弓ヶ浜半島とその先に島根半島が見えています。スキーをしながらこの景色が見れるのが大山のいいところです(^^♪
右の写真は、私・・・ではなくて、うちの息子です。

2006年02月18日

うれしいこと、いろいろ

今日はうれしいことがいくつか・・・
まず、午前中に生徒から「合格した(^_^)v」の通知が。親との話で希望の私立1校しか受験してなかったのでひやひやだったし、数少ない情報系志望だし、成績も・・・だし(^_^;)、でも本当によかった。おめでとう(^_^)v
2つめはたいしたことではないが、先週に続き子どもとテニスに。昨日雪が積もったので、今週は無理かなと思っていたが、朝から晴れたので午後からは雪も消え、コートも空いていたので今週もすることができた。今日は2時間とって十分打たせたが、やっと小さい頃ならっていた振り方が戻ってきた感じでまあまあ続けることができた。この調子でがんばれれば、6月の中国ジュニア県予選に出してみるかな?まだ早いか・・・(^_^;)
3つめは、あまり大きな声では言えないが、2ヶ月かかってやっと終わった(^^♪
何がかは言えない。αⅢとだけしておこう(^^♪

2006年02月16日

「博士の愛した数式」

仕事の後見てきました。今日はメンズデーで1000円だったので。
どうなのかな~みたいな感じで行きましたが、なかなか面白かったですよ(^^♪
映画を見ていて、久しぶりにどうして数学の教員になることになったのか、高校生の頃の感覚がよみがえってきました。
映画の中で「1本の野菊が美しいということをなぜなのか説明するのが難しいように、数式がなぜうつくしいかを説明することはできない。だが、直感的に美しさを感じることができる。その直感が大切。」というのがありましたが、私がそれを感じたのは数学ではなくて宇宙論=素粒子論だったんです。最初中学3年生のときに「夜空に星が輝いているのに夜空が暗いのはなぜか?」というのをある本で読んで、宇宙論に興味を持つようになったのですが、宇宙論をつきつめていくと実は素粒子論に行き着くわけで、もっとも大きなものを勉強するのともっとも小さなものを勉強することが実は同じことになるという点におもしろさを感じたことを思い出しました。また、アインシュタインの相対性理論とかもそうですが、宇宙論=素粒子論も結局美しさを求めていくというか、ある理論で突き詰めていくとごちゃごちゃしてきて美しさがない、そうするとこれより美しい理論があるはずと考えて理論を構築し直す方向に動きます。いくら、むずかしい計算とかをしていても結局「美しさ」を求めていくようになるという点では今回見た映画と同じなのかな・・・と思ったというか、そう感じていた高校生の頃を懐かしく思い出していました。
久しぶりの感覚に余韻を感じれたことが今日の一番の収穫ですかね(^^♪
映画自体は、吉岡秀隆が教師役で数学を勉強することの楽しさを話している部分がおもしろいかもしれませんね。数学の先生にはぜひ見てもらって、本来数学では何を教えたかったのか思い出してもらいたいですね。自分も含めてですが(^_^;)

2006年02月14日

バレンタイン・・・

今日はバレンタイン・・・でしたが、実は学校は推薦入試で生徒は登校禁止。チョコが~・・・て、そんなことを期待する年齢ではございません<(_ _)>
というか、さすがにこの歳になると、生徒がチョコを持ってくると「気を使ってくれてるな」て思ってしまうので、別にもらわなくていいんですよ。チョコなんて・・・寂しいけど(^_^;)・・・冗談です<(_ _)>
昨日はクラスの子が別の用があったといえ、いっしょに手作りチョコを持ってきてくれました。感謝(^^♪
ほしいわけではないんですよ。ほしいわけでは・・・(^_^;)

2006年02月12日

テニス

2番目の男の子は先週サッカーの卒団式があって練習も週1回顔を出す程度。4月から中学校なので、今からどの部に入るか友だちと話をするらしい。サッカーは続ける気がないみたいで、どうやらテニスをしたい様子。といっても、中学校には男子のソフトテニス部がないし、もちろん硬式テニスができる中学校は県内に1校もない。
上の子のときは、いずれいっしょにテニスができればと思ってテニススクールに通わせていたが、結局吹奏楽。2番目も小1からいっしょにいかせて小3までは週1回習っていたが、まさかそんなにしたいと思っているとは思ってなかった。
ということで昨日は1時間ほどコートに連れて行って相手してみた。まだまだだが、小さいとき習っていたこともあって1時間で何とか打てるようになってきた。とりあえず、4月まではひまを見つけて相手してやるか。その前に腰を直さないといけないのだけど(^_^;)

2006年02月11日

携帯メールのアドレス

自由登校になってクラスの生徒と連絡をとるために、生徒の携帯から自分の仕事用メールアドレスにメールさせて確認しようとした。そしたら、届かないアドレスがあることが発覚。理由を確認したら、届かないメールはすべてアドレス(@より左)に「-」や「_」や「.」などが連続して使われていることが判明。どうやら携帯のアドレスでは、例えば顔文字とかもアドレスにできるよう。「..」なんてあってびっくり。そりゃ、届かないわな。一部、届くけどそのアドレス宛に送信しようとしたら送信エラーになるアドレスもあった。携帯のメルアドの命名ルールもインターネットにあわしてほしいものだ。ということで、送れなかった生徒には私の携帯アドレスを教えてそっちにメールさせることに。これだと、携帯でメールを打たないといけないので、ちょっと面倒(^_^;)
ちなみにうちのクラスでは携帯保有率は37/40。

2006年02月10日

いろいろ・・・

今週になって私大の合格発表がぼちぼち始まった。合否はすぐ報告しろ~って言ってたのにちっとも連絡してこないので、メールを送って確認。合格したときしか自分から送ってこない。まあそんなものかもしれないけど、気になるから連絡して来い~(^_^)/~
そうと思えば、いまさら「他を受験しようかな」って言いに来るやつもいる。2学期の懇談やセンター試験後にも、他を受けないのかってさんざん確認したときには「いえここだけで。ダメなら浪人で。」ってきっぱり言ってたのに・・・まあ、こもって勉強していると不安にもなってくるんだよね。でもその不安を克服するのも受験勉強なのだよ。世の中には絶対というものがないといういい人生経験の場だよね。受験というのは・・・と、浪人してみた経験としてしみじみ感じてます。
夕方頃には「合格通知が来ないからたぶん落ちた。後期受けるから調査書を」という連絡が。そういう人も出てくるわな。みんな進路が決まればいいんだけど、そういうわけにはいかないんだよね。今はできるかぎりがんばるしかないよ(^_^;)

2006年02月08日

Web作成

3学期の情報の授業では、1年生も2年生もWeb作成をしている。といっても、1年生はHTMLつまりタグを勉強しているし、2年生は総合演習として各自のテーマでWeb作成を行っている。2年生は卒業後や家でもWebが作成できるようにWordで作成してみている。テキストボックスを利用すると、ホームページビルダーのどこでも配置モードと同じように作成することができるし壁紙とかの設定もできるので、ほぼホームページ作成ソフトと同じだということが今回作成させてみてわかった。ビルダーいらないかも(^^♪
問題は、自分で決めたテーマに基づいてどれだけまとめたWebサイトを作るかで、こういうのが今の生徒は一番苦手だったり・・・これって決めてしまえばどんどん作成するだけなんだけど、まだもたもたしている生徒もいたりして。提出まであと2週。間に合うのか・・・(^_^;)
1年生は、基本タグから説明しているが、個人的にHTML3.2の頃のタグを説明するのには抵抗があったので、今年はスタイルシートにチャレンジしている。今週はボックス上に背景をつけれることやボーダーを工夫してかっこいいスタイルを作れることを説明してみた。心配したよりは生徒の方は簡単に受け入れているようでそんなに授業中手間はかかっていない。テストまでにあと1時間程度なので、テーブルを使って丸角のボックスを作るのをやってみようと思っている。

2006年02月06日

腰、再発・・・(^_^;)

金曜から腰の調子がよかったので、昨日は軽くサッカーをしてみました。
が、今朝起きたら・・・再発(>_<)
一番ひどいときほどではないけど、中腰になれないくらいの痛みが。ということで、朝病院に行って、また腰に注射を打ってもらいました。
あの程度でこうなるとなると、長期的に直していかないといけないかも。来週で部活もテスト休みに入るし、3月のテニスシーズンに入るまでに直すよう、しっかり毎日リハビリに通います(^_^;)

2006年02月05日

卒団式

今日は2番目の男の子のサッカークラブの卒団式でした。午前中は体育館で親子サッカー。外は少し雪が積もっていたけど、これくらいだったらやってもよかったかな?って思いました。
腰はだいぶよくなったし、中ならそんなに走らなくてもいいだとうと思って何試合が出ました。そんなに動いていないけど少し楽しめたかな(^^♪
夕方は保護者だけで飲み会。2時間くらいで終わるか・・・と思っていましたが、結局4時間(^_^;)
まあ、大人の飲み会というのはこんなものです。今は、スポーツ少年団ではないので、運営を保護者がしないといけないけど、監督のリーダーシップと保護者の意見とをどうまとめていくかが難しいところで、そんな話を飲みながらしていました。もう、卒団してしまったから意見は言えませんが、がんばって欲しいと思います。

2006年02月04日

普通教室用コンピュータ更新

kyositu.jpg
今日はお休みです。午後は部活に顔を出したけど無理せず見てるだけ。腰はだいぶよくなっていました。
今日は、昨日予告したように、普通教室用コンピュータの更新について話をします。
鳥取県では平成13年度から県立学校の校内LAN整備を始めており、本校は平成14年度に整備が完了しました。校内LAN工事およびサーバについては工事ということでサーバは買取、普通教室にデスクトップ1台、ノートパソコン1台の計2台ずつを整備しており総数約70台をリースで整備しています。また、同時に各教室にプロジェクタを天吊りで整備していますが、これは5年リースなのであと1年あります。各教室にプロジェクタを設置している自治体はほとんどないので全国的にも鳥取の県立学校は恵まれています。
上記のうち、普通教室用のデスクトップ、ノートパソコンの更新時期が来たため、今回の入札準備となりました。小中学校と異なり、職員用ノートパソコンが別に1人1台整備されていますので、教室用ノートパソコンは特に必要はないのですが、国が決めている整備基準に基づき整備するということで今回も同じ台数の整備となります。
ただ、従来と異なるのは、ノートパソコンのうち10台をタブレット型パソコンにしたことです。これまで、デスクトップを操作してスクリーンに映して授業していましたが、このスクリーンをおろすとホワイトボードがほとんど隠れてしまうため、画面を写しながら別に説明を書いたりすることが難しかったのです。それで、書き込みできる状況を作りたいと考え、単なるタブレットなどいろいろ検討した結果、タブレット型パソコンにしようということになりました。
これが実現すると全国でもめずらしい事例となるので、どんどん活用したいですね。冬休みの講習のときは普通のタブレットを使いましたが、やはり画面が写っている上に書かないと書きにくいですね。
もうひとつ。こういう使い方が増えてくると、使える教材を増やしていく必要があります。そのため、各先生が作った教材を共有化していく必要があると思っています。各自が同じことを悩まなくても、誰かが考えて作った教材を使いながら、もっとこうすればというアイディアを共有していけば、いろいろ面白い教材ができていくはずです。

2006年02月03日

もう・・・

最近毎日更新できていましたが、昨日は帰って食事したらばったり寝てしまってそのまま朝までぐっすりでした。その前の日の晩に仕様書の作成をしていたらだいぶ遅くなってあまり寝てなかったこともあったみたいで・・・仕様書というのは今年3月に更新する普通教室用コンピュータのことです。これについての詳細は明日にでも改めて書きます。
今日は、授業は1時間しかなかったのに、朝からバタバタ。一番の理由は、クラスのばか者1名のせい。朝メールが入ったなと思ったら「出願する○○大学と△△大学の願書学校にないですか?」というもの。だいたい火曜に親と学校に来て「じゃあ前後期とも□大学にして中期は△△大学にしよう。□大学の願書は他の生徒が持っているって言ってたので、△△大学の願書はすぐに取寄せるように」って話をしていたのに「後期は○○大学にしました。でもまだ取寄せてなくて・・・」っておいおい(^_^;)
ということで、持っていそうな生徒を探して1つはうちのクラスの生徒が持っていそうだったのでメールしたけど、いつもはすぐ返ってくるのにこんなときに限って戻ってこず。あんまり戻ってこないので直接電話してみても呼び出し音の後留守電に・・・これはまだ寝てるなって、もう10時だったけど・・・この犯人はたぶんこれを読むことでしょう。そう、あなたのことですよ(-_-;)
こっちは連絡取れないのでしかたないのでしばらく待つことにして、もう1校を探す。他のクラスに持っていそうな生徒が1人だけいたので、担任の先生に連絡してもらうと、なんとかあった(^^♪しかも、学校まで小1時間もかかるところに住んでいるのに、わざわざ学校まで持ってきてくれるということ。感謝(^^♪
すかさず、問題児に連絡するとともに「持ってきてくれる前にお礼を買って来い」と連絡。
そんなこんなで、何とか午後には出願できたということで・・・もう!
3校も出願するのに、すべて人が取寄せた願書で出願するなんて、前代未聞!
職員室で笑いものにしてやったが、ぜったい2年生のクラスでしゃべってやる(-_-メ)

2006年02月01日

本の紹介

右側に本を紹介する箇所を作りました。最近読んでいる本とかを紹介していきたいと思います。ただ、私は小説とか読みませんので、ほとんどPC系になってしまいますので、ご了解を(^_^;)

時代・・・?

実は昨日からちょっとした事件があって国公立の願書とは別にばたばたしました。内容はちょっと書けませんが、それで思ったのは、学校の校則の中で学校内に関係しないこと、指導上必要ということで従来は設定されていたが、今は個人が責任を取る時代だから、学校がそこまで規制する必要はないのでは・・・というものが表に出始めたのかな?って思いました。
私も自分の子どもの関係で小学校とか中学校でそこまで規制しなくても・・・って思うことはあります。例えば「校区外に自転車で行ってはいけない」とか小学校では注意の文書などに書かれますが、それって親の責任の範疇で学校の責任にはならない範囲なので学校が規制しなくても・・・と思ったりします。うちの子が整形外科に毎日通わないといけなくなって、最初は仕事が終わってから連れて行ってたけど18時までに連れて行けないこともあるので自転車で行かせたい・・・って思うと、これは子どもの責任をもつ親が行かせたいと思うことなので、学校の規制に違反する?って思っても行かせるわけです。
でも、この場合はいいのでは・・・と思っていると、いつしか学校の規制全体に対し、規制されていても親が判断すれば違反になってもいい・・・という姿勢ができてしまうようにも思います。こういう流れでいいのか?と思ってしまいました。学校の責任の範疇を明確にして(といっても難しい部分もありますが)、それを踏まえた校則の見直しがいるのか、それともこういうふうに親が考えるようになってきたことが問題なのか・・・