2006年01月28日

判定会

今日は土曜日だが朝から出勤(^^♪
センター試験自己採点結果による各生徒の出願先を検討するための会議があるからだ。本校は約250人の生徒が受験したが、実際現役で国公立に合格できる数は例年通りだと50~70人なので、うち何十人かは必要な点数がとれて希望していた大学を受けることになるが、もちろん予定していた、または必要な点数が取れずに志望変更を余儀なくされる生徒も多い。ここじゃないと受けないという場合はぶつかってみてだめなら浪人・・・となるが、そうでない生徒の方が多いので、なんとか現役で合格できる大学を探すことになる。それを3年担任や進路担当の先生や管理職と検討する会議なので、この人数を検討するとなるとなかなか時間がかかる。結局9時からはじめて終わったのは17時だった(^_^;)
3年担任にもそれまでの経験で進路指導に長けた人とそうでない人がいる。経験がないとどこに振り向けるかの判断も難しいので、そのクラスのときは時間がかかる。その場合はしかたないのだが、そうでなくて、よくしゃべる担任だから「もう次の生徒に行こうよ」ってまわりが思っているのに、なかなか次に進めない場合もある。これが大変(^_^;)
最近このブログをうちのクラスの生徒も読んでいるので「うちの担任はどっち?」とか思っているかもしれないな。それは内緒(^^♪
でも、すでにほとんどの生徒には金曜日までに「ここを考えておくように」って話をしていて、その選択以外に「ここはどう?」という話はまったくでなかった。ということは、私は長けている方?・・・自分で言うなって(^_^;)

trackbacks

trackbackURL:

comments

判定会お疲れ様です。
そんなに時間かかるんですねぇ・・・。
生徒側からすると色々な先生に受験校とかなんとか色々知られるのがイヤ(T△T 三 T△T)イヤ・・・

よくしゃべる、、、ってMつく人ですかぁ??少なくとも理系の先生でゎないような気がする(笑)

はずれ(^^♪
単によくしゃべるならM先生かもしれないけど、会議でなので「この生徒は・・・」って語ってしまう先生です。

  • Papa
  • 2006年01月28日 21:19
comment form
comment form