2006年01月31日

心配してくれてありがとう(^^♪

ここ数日いろいろな方から心配のメール等いただきました。ありがとうございますm(__)m
何とかぼちぼちやっています。

それとend氏の質問ですが、想像のとおりです。
よく登場する2名にもend氏の正体は教えておきましたから(^^♪

腰が・・・(その3)

今朝はだいぶ痛みも引いて動けるようになったので、ちゃんと出勤しました。
でも、1時間、2時間といすに座っていると、だんだん痛みが増してきますね。今日は授業は情報だけだったので、座って授業することができたけど、明日数学の授業で1時間立っていられるかな?
今日は、受験校の相談が3件、うち、保護者懇談が2件。ほとんどの生徒の受験校は決まってきたが、まだ報告に来ない生徒が数人。私大を受験に行っているのもいるので、もう少し様子見か?
それとは別に、昨日休んでいる間に事件があったようで、今朝はその対応にも追われる。こちらは簡単には解決しそうにないので、明日は結構荒れるかも(^_^;)

2006年01月30日

腰が・・・(その2)

朝起きたら少しは痛みが減ってる・・・というのは甘い期待でした(^_^;)
昨日よりさらに痛くて起き上がれません。なんとか動くことができるくらいで、とても1時間立って授業ができる状態ではありません。ということで、朝イチで整形外科に行ってきました。
レントゲンの結果「脊椎分離症」ということでした。たぶん最近ではなく10~20年前からこうなっていて、それに椎間板がへたってきて、いつずれてもおかしくない状態だったようです。
痛みが取れるまで、当分コルセット生活です(^_^;)
治っても、スポーツをするときにはコルセットをつけるようにって言われたのでさがしとかないと。

2006年01月29日

早いね

さすが、うちのエース(何の?)の2人はチェックが早いね(^^♪
優しい言葉ありがとう!明日も同じ状態なら、今うちの子どもが通っている整形外科に行ってきます。
はいはい。もう歳ですから(>_<)
厄年だし、無理はしないよう心がけます。
2人ともブログチェックはほどほどにして勉強しないと、またネット止められるぞ(^^♪

腰が・・・

今日は懇談の希望もなかったので出勤なし。まあ、1年間いろんなケースを想定して進路指導してきた(?)ので、ここに来てばたばたする必要もないかな。もちろん、心配な生徒もいますが・・・
今日懇談している先生もいます。ご苦労様です。
ということで、昼から部活に。先週は雪の振る中テニスをしていたが、今日はわりとあったかくてテニス日和だったか・・・と思って、1年と1試合したら・・・なんと腰に来た(>_<)
数年前に1回腰に来て整形外科に行ったが、それ以来のこと。なんとか歩けるがまっすぐ立てない。とりあえずシップしているが、明日治るかなあ?調査書取りに来る生徒もいるし休めないけど・・・(>_<)

2006年01月28日

判定会

今日は土曜日だが朝から出勤(^^♪
センター試験自己採点結果による各生徒の出願先を検討するための会議があるからだ。本校は約250人の生徒が受験したが、実際現役で国公立に合格できる数は例年通りだと50~70人なので、うち何十人かは必要な点数がとれて希望していた大学を受けることになるが、もちろん予定していた、または必要な点数が取れずに志望変更を余儀なくされる生徒も多い。ここじゃないと受けないという場合はぶつかってみてだめなら浪人・・・となるが、そうでない生徒の方が多いので、なんとか現役で合格できる大学を探すことになる。それを3年担任や進路担当の先生や管理職と検討する会議なので、この人数を検討するとなるとなかなか時間がかかる。結局9時からはじめて終わったのは17時だった(^_^;)
3年担任にもそれまでの経験で進路指導に長けた人とそうでない人がいる。経験がないとどこに振り向けるかの判断も難しいので、そのクラスのときは時間がかかる。その場合はしかたないのだが、そうでなくて、よくしゃべる担任だから「もう次の生徒に行こうよ」ってまわりが思っているのに、なかなか次に進めない場合もある。これが大変(^_^;)
最近このブログをうちのクラスの生徒も読んでいるので「うちの担任はどっち?」とか思っているかもしれないな。それは内緒(^^♪
でも、すでにほとんどの生徒には金曜日までに「ここを考えておくように」って話をしていて、その選択以外に「ここはどう?」という話はまったくでなかった。ということは、私は長けている方?・・・自分で言うなって(^_^;)

2006年01月27日

明日から自由登校

今日は自由登校前の最後の日。最後のLHRでロッカーや教室を片付けさせ、簡単に説明して終了。国公立出願前のこの時期だから、最後の授業を楽しむ余裕はないだろうしあまりにあっさり終わったって感じかな?
いろいろ言ってやりたいこともあるけどそれは卒業式に置いといて、今日はこの土日で受験する国公立大を決めさせるために、受験する大学を悩んでいる生徒に資料を持ち帰らせないといけなくてばたばたしました。そしたら、4限に授業があったことをすっかり忘れていて、生徒を待たせたままになるところでした。その方が生徒は喜んだかもしれないけど(^_^;)
点数の足りない生徒はどこを受けるかなかなか悩むだろうし、本当に入れる大学に入るのでいいのかとか、本当に受かるのかとか、いろいろ考えるだろう。若いうちは大いに悩め!・・・って、それだけで終われないから(-_-;)
明日の会議までにもう一度全員の受験校について資料とつき合わせとかないと・・・

2006年01月26日

センター自己採点の結果

センター試験の結果がデータで見えるようになり、昨日の午後から生徒に結果と現時点でどうするかなどの話をし始めた。まだベネッセのデータだけだが、平均点がかなり上がった関係かランキングの低い大学が割とボーダーが低く出ているし、競争率も低く出ている。
今日の午後から、河合塾の説明会に出席した。上記の傾向は河合の資料を見てもやはりそうで、生徒減の影響がこのあたりに出ているのかな?と感じた。この学年は新課程1年目なので、昨年の生徒が浪人をさけたため浪人生も多くなく、それも影響しているように思える。
これだと、穴場大学・学科がありそうな気がするし、後期はかなり入りやすくなるような予想ができる。最後まであきらめなければ、逆転がありそう。
あさって(土曜日)が判定会議なので、それまでに、思ったほど点数の出なかった生徒の、合格の可能性が少しでも高くなりそうな大学を探さなければ・・・ここが3年担任としての正念場です(^^♪

2006年01月23日

センター試験が終わって

今日はセンター試験の自己採点。午前中いっぱいかかって、自己採点と模試会社3社分に記載させる。点数を書くだけならそれほどかからないけど、判定を出す大学を決めて書かせないといけないから、予定の点数が取れなくて、どこを出すか決めかねている生徒にとりあえずどこを書かせるか指示しながら作業してると、やっぱりかなり時間がかかってしまう。
隣のクラスは予定通りというか割と取れている生徒が多かったせいか、明るく作業していたようだが、うちのクラスは予定どおり(?)取りたい点数までいかなかった生徒が多かったので、若干暗めだったか・・・
まあ、人生思ったようにはならないし、そんなに簡単に奇跡も起きないということで(^_^;)
自己採点の結果が返ってきてからが大変かも・・・

2006年01月22日

センター試験数学を解いて

センター試験2日間が終わった。まずは、生徒たちに2日間ご苦労さまと言いたい。

数学は2日目だった。代ゼミのサイトに9時前に今日実施された問題が掲載されたので、印刷してさっそくやってみた。ちなみにベネッセのサイトには早くも予想平均点まで載っていた。
やってみての私の感想を載せておく。

数学ⅠA
【第1問】解と係数の関係を使えない2次方程式の解の問題なので、模試と同様、解を計算した後それを使った計算問題になっていた。実はα+1/αを求めるのには、αの値を使わなくても元の2次方程式からの変形でx-1/xが求められるので、それを使った方が簡単だが普通の生徒はこんな方法は使わないだろう。
必要十分の問題は、a+bとabがともに有理数になる2数として共役な無理数が思いつけばいいのだが、実は0+(ルート)と0-(ルート)だとa/bも有理数になり得ることに気づかないといけない。ちょっと難しいか?
【第2問】今までやってきた模試形式の問題とほぼ同じ。後半で、「x=-2とx=3に対応する2次関数の値が等しい」とあるが、表現としては「y座標」でよさそうなもの。ここで、真ん中が軸であることに気づくと計算が少し楽か。
【第3問】三角比だが空間図形の問題。直方体だが各面の対角線の長さが与えられている。これくらいで動じて欲しくない。最後の四面体の体積を求めるのが難しいだろうが、問題の流れとして「△AFHの面積」→「AP:PH」→「PF:PR」ときたことで、△APRを底面と考えることに気づけば、△AFHの面積から四面体E-AFHの高さがわかり、それが求める四面体の高さでもあることにつないで欲しいところ。
【第4問】場合の数、確率が大問として出題されたので、模試のときより若干量が多かった。後半の確率でケースをちゃんと考えれば数え上げれることと、0点の場合があるので余事象が使えないことがわかればそれほど難しくはない。

数ⅡB
【第1問】三角関数は2倍角と通常の加法定理を使うだけなのでわりと簡単。対数方程式、不等式も底の変換をかけたときに分母にlogがくるがこれがマイナスになるケースがあることに気づけばいいだけ。しかも問題文にちゃんと場合分けが書いてあったから問題ないだろう。
【第2問】微分積分。模試形式でやってきた問題とほぼ同じ形式で最後の面積もそれほど大変ではないので文字にごまかされなければ問題なし。
【第3問】数列。等差中項と等比中項が出た。すべての数が単なる数字にならずaで表されているのでそこが問題か。
【第4問】ベクトル。大きさは2乗、内積はそのまま計算すればいいだけなのでベクトルとしてはそれほど難しくない問題。内積から計算されたx、yの不等式が出てくるところで、すぐに領域を思い浮かべて欲しい。

2006年01月21日

大学入試センター試験

center.jpgいよいよ今日は大学入試センター試験初日。朝、点呼&応援のため会場に行く。時間までにクラスの生徒が全員くるか若干心配だったが、大丈夫だった(^^♪
顔色がなかったり、朝から疲れた顔をしている者はいなかったので、口をすっぱくして言ってきた当日までの体調調整はうまくできた様子。後はがんばるだけ。

(補足)
次の日の朝も応援に行ったが、そのときリスニングに使われたICプレーヤーのメディアが何だったか聞いてみたところ、メモリースティックだったそうだ。今回はソニーがもうけたようだ。

2006年01月20日

明日はセンター試験

いよいよ明日はセンター試験。がんばって来た者、直前の不安感で押しつぶされそうな者などいろんな生徒がいるけど、ここまできたら開き直るだけ。大事なことは当日持っている力を全部出そうとすることで、そのためには気持ちが一番大切。不安や恐れが大敵で平常心が一番。ともかくがんばろう(^_^)v
ちなみに今晩は3年担任や進路の先生は「みそぎの会」です(^_^;)

2006年01月19日

三角比

2年の冬休み明け実力テストがあまりに出来が悪かったので、テストに出した問題とほぼ同じ問題で追テストをした。合格ライン70点にしたらクラスの半分の生徒しか合格できなかったので、来週さらに追テスト。できなかった問題をできるようになるまでやらせないと、本校の生徒は自分でできるようにはしないから。
ところで、追テストで不思議な現象に気づいた。tanからsin、cosの値を求めるという普通の問題を出したが、これの正解率が大変悪い。全体で80点以上取れる生徒でもこれを間違える。しかも、正弦定理・余弦定理とかの問題は正解しているのに・・・
理由を考えてみたら、1年で習うときに必ず相互関係の公式を使わないといけないって習っているから、その相互関係の公式があやふやで間違えるようだ。直角三角形で考えれば公式なんていらないのに、どうして公式を使わせることにこだわるんだろう。三角比が何なのかを知っている方がよっぽど数学的には意味があると思うんだけど。

2006年01月16日

弁当箱

bento.jpg実は先週の朝、車を降りた時に弁当箱を落としてしまい、お昼に食べようと思ったらひびが入ってしまってた。ということで、何年かぶりに弁当箱が新しくなった。ダイエットのため小さめの弁当箱にしたけど、夜までもたないよ~(^_^;)

2006年01月13日

通勤時

tori.jpg
今日の写真は通勤時の学校の近くの橋の上で。中海には鳥がたくさんいるが、このあたりには20~30羽いつもいる。動植物系に弱い私は鳥の名前はわかりません(^_^;)

2006年01月11日

お札

ofuda.jpg北野天満宮から持って帰った御札とお守りをさっそく教室に。毎日御札に願掛けをする生徒も出てきた。まあ最後はわらにもすがると言うけど、自分の努力プラスなんにでもすがればいいと思う。

2006年01月07日

合格祈願

yuki.jpg今日はクラスの生徒全員の合格を祈願するため、京都の北野天満宮に行った。寒波が来ていたので峠が越えれるか心配したが、それほどではなく7時出発したが特に問題なく中国縦貫に出れた。写真は蒜山SAのレストラン入り口。1mちょっと積もったままになっていた。

ema.jpg京都も雪がぱらぱらしていた。そのせいか人もそれほど多くなく、合格祈願セットを入手。絵馬もついているので写真のように書いて掛けてきた。久しぶりに筆をつかったからではないが字がきたないので祈祷の効果も若干弱まったか(^_^;)
お札とお守りは教室に飾っておこう。合格ハチマキも入っていて、家内には「センター当日の朝の激励のときにして行ったら」って言われたけど、ちょっとね(^_^;)
せっかく京都まで行ったので、北野天満宮近くの金閣寺と太秦映画村に立ち寄った。家内は金閣寺は初めてということ。私は小学校の修学旅行以来かな。その当時はまだ古い金箔だったので風情があったが、今はきれいにしすぎて(というか安っぽい)ちょっと京都になじまない感じ。太秦は雪が降っていて寒かったからか人は少なく、簡単に回ってみた。室内に作られた撮影用セットはなかなか精巧に作ってあるなという感じ。
帰りは9号線経由で帰ってみた。一番雪が多かったのは村岡付近で道路の横に2m以上寄せてあり、道沿いの家からは道路に出られないみたいだった。北陸以北の人は大変なんてものではないだろうな。

2006年01月06日

講習終了

今日が冬季講習の最終日。最後ということもあってか今日のプレゼンは作成時間が5時間(^_^;)
最初は60人くらいいたが今日は40人。まあ、こんなものかなとも思うが、途中大雪が降ったりした中10日間全部出席した人にはきっといい結果が待っているぞ(^_^)v
しかし、来週から学校が始まるというのに、もう数学の準備はいいぞ~てな感じですね。でも、センターまであと2週間だから、生徒だけでなく我々もがんばらないと。

2006年01月04日

今日から講習再開

今日は仕事初め。3年生の講習は今日から再開です。数ⅠAしか必要なかった者が減った分若干少なくなった感じもあるが、年末から頑張って出席している生徒たちが今日も出てきていた。
「正月は勉強できたか?」という質問をいろんな先生にされるようで、この質問はタブーのようだ(^_^;)
あと20日を切ったけど、受験勉強はここまでというのはないので、とにかく試験当日まで最後まであがいてほしい。どういう結果になろうと、こういう経験は人生で何回もない・・・と2年受験した経験者は思う。

2006年01月03日

里帰り

umi.JPG
2日は毎年松江の武内神社に初詣に行って御祓いしてもらいます。今年は厄年なのでいつもよりちょっと多めにして拝んでもらった。その後、鳥取の家内の実家へ。クリスマスの頃の大雪で鳥取は60cm近く積もったが、行ってみると実家の近くは屋根に30cmくらい残っていた。
3日は午前中のうちに米子に戻り、午後から家族で映画へ。「ハリーポッターと炎のゴブレット」を見たが、いまひとつだったかな?子どもたちの反応もいまいち。ハリーが成長しちゃったこともあるかな。
写真は鳥取からの帰りに白兎海岸で撮ったものです。こういう荒れた冬の海ってなんとなく好きですね。

2006年01月02日

お正月

dom.jpg今日はお正月。どこにもいかず1日ゆっくりした。1週間前にケーブルテレビで一挙放送していた「創世のアクエリオン」26話をいっぺんに見たら結構な時間になった。その後、夏に買って作れずにそのままにしていたドムを作成。MGの割にはそれほど部品数がなかったので割と早くできた。こんな1日の過ごし方もほんとに久しぶりだなあ。「1年の計は元旦にあり」だとちょっとまずい過ごし方かもね(^_^;)

2006年01月01日

今年もよろしく(^^♪

kingasinnen.gif
2006年になりましたね。今年もよろしくお願いします。
家庭的には、夫婦そろって厄年ですのでそれを一番気をつけたいですね。
(訂正:40の厄年は男性だけのようでした)

この年末年始は3年生の担任をしているせいか、センターが近いので新年・・・という感じがありません。4日からはまた講習が再開ですしね。いよいよ直前ですから、みんながんばって欲しい。