2005年12月28日

センター向け講習

center2-6.jpg
本校は19日から冬休みに入った。3年はセンター直前ということで、19日~28日と1月4日~6日の10日間講習をしている。数学も90分もらって模試形式の問題集を1日1回分行っている。60分の模試を45分でさせて30分で解説しているが、普通に板書していたのでは絶対30分で説明できないと思い、説明したい内容を事前にプレゼンにしている。ぎりぎり30分で説明できるが、このプレゼンを作るのはなかなか大変で、1回分を作るのに解く時間を除いて3時間~4時間かかる。授業がない時期だからできるようなものです。
数式部分は数研のStydyaidDBというテスト作成ソフトで入力してそのまま画面コピーして画像化しプレゼンに貼り付けます。グラフや図形はGrapesで作成。板書のときには図形を書き直すことは時間的に難しいけど、プレゼンにする場合は作成過程ごとに画像化して貼るだけでいいので、説明にはこっちの方がだんぜんいいと思う。
このプレゼンとタブレットでほとんど説明できるので、今後の授業スタイルも今回を踏まえて検討したいと思った。でも手間はかかる(^_^;)

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form
comment form